最近話題のメガビタミンの効果とは - ビタミンCが人気の理由

最近話題のメガビタミンの効果とは

メガビタミンの効果は風邪をひきにくくなること、そしてガンにも効果がありそうということです。

これでガンが治るという医薬品的な効果を言っているわけではないことは予めご了承下さい。

メガビタミンというとなんだかすごいビタミン剤が登場したのかと思われがちですがそうではありません。
これはアメリカでは一度は否定されましたが、今では完全復活した理論のことです。人間は体内でビタミンCを生成できませんが、猫や犬などほとんどの動植物が体内で生成できるのです。そのため人間はビタミンCを定期的に経口摂取する必要があります。


メガドースと言われる大容量を連続摂取すれば、体内のビタミンC濃度を高く保ち、最大の効果を発揮できるという理論がメガビタミンです。

カゼのひき始めや強いストレスを感じてるときなどは、1時間おきに1000mgを症状が収まるまで飲み続けるよう薦められています。

メガビタミンの効果関連の情報をたくさん掲載しています。

1時間おきにというのがポイント、ビタミンCは水に溶けやすい成分なので一気に大量を飲むと体外に排出されてしまいます。

面倒かもしれませんはこればかりはどうにもならない事実なので、1時間おきの摂取は基本です。



ただ、効果の出方には個人差があり、一説によると80倍も違うと言われています。

ただ、ビタミンCは上述のように水溶性、つまり必要以上の量は体外に排出される仕組みなので飲み過ぎても心配はありません。風邪予防やがんが心配なら、このメガビタミンは一度試してみる価値はありそうです。