メガビタミンがもたらす効果

1970年代に、アメリカの博士がとある理論を発表しました。

メガビタミンの効果について詳しく知りたいならこちらです。

いわゆるメガビタミン療法という栄養療法で、治療や病気の予防のために大量のビタミンを体に投与することで健康な体を保つことができるという理論です。博士は、人は自分の体内でビタミンを作ることができないため、外部から常に取り入れていく必要があるという主張をしていました。具体的に、メガビタミン療法を実施することでどのような効果を得られるのかという点については、免疫効果が期待できるため風邪の予防や、疾患からの早い回復が見込めるというメリットが一番大きいと言えます。
さらには大腸において、有害物質を無害なものに変えるはたらきもあるため、大腸がんなどの疾患の予防になるとされています。

体の様々な組織にはたらきかけ、健康を維持する大きな役割を果たし、効果をもたらしています。



これほどまでにメリットが伝えられてきたメガビタミン療法ですが、一方では反対の意見もあります。
ビタミンCは水溶性のため、摂取しすぎても過剰症の心配はなく尿として排出されると考えられています。


しかしあまりにも過剰に摂り過ぎてしまうと、代謝が過剰になりすぎてしまい慢性欠乏症を引き起こす恐れがあったり、便通が緩くなりすぎてしまうこともあります。メガビタミン療法は確かに多くのメリットが期待できますが、個々の年齢や体質により、体への影響が異なる場合もあります。



毎日摂取することはもちろん問題ないですが、適量を意識するようにしましょう。